kairi104.blog5.fc2.com
PROFILE
CATEGORY
ARCHIVES
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
XY-FRIENDS
BLOG PET
OTHERS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--/--:--】 スポンサー広告 // トラックバック(-) // コメント(-)
ミクで書いたのでそのまま引用しときます
えぇ。このタイミングでですよ。

「何日に誰々と見に行くの~♪」と言っている人たちの
出鼻をくじくだろうことうけあいです。
ベキャベキャへし折りますよ。

寝て起きて恥ずかしくなったらいじる。テンション違うしさ…
とりあえずおやすみ。


---ここから---

試写会で見させていただきました♪
が、あまり好きになれません…

予告等で強調されていた「いのちの大切さ」などの作品の主だったテーマは、登場人物の断片的なセリフに強く表れているだけ。
確かにその個々のセリフ自体には心打たれるものがあります。考えさせられて、私もすこし目が潤みました(笑
でも全体を通してみるとハウルを観たときに感じたような「あとはまぁ、勝手に想像してね」「原作読んでね」といった姿勢が感じられてしまうようで残念です(´・ω・)
こういうわざと説明不足にするのとか、精神が狂ったヤツ(終盤のクモ等)を出すのとかって最近の流行なんですかね~??好きじゃないな。

それからストーリーがツギハギ。
こことこことここは製作側がすごく言いたいことなんだろうな、というのがわかるんだけどあとは適当につなげました、という。

たとえばテルーの歌もそれ自体はイイと思うし、監督の愛も感じるけれどそれにとらわれるあまり演出がひどいって!ちゃんと聞かせたいのはわかったけど、大きめの一定の音量じゃ草原で歌っているのを盗み聞きしてるように聞こえませんよ~。。

映像だけとっても特別良いというわけでもなく。チラシがきれいだったから期待しすぎたかな?
あ、でもところどころお父さんに向けたオマージュがあるのは楽しめますよっヽ(´▽`)ノ

ストーリーに期待しても、映像に期待してもコケるし、子供向けとしても大人向けとしても中途半端です。

とはいえテルー以外の演技と音楽が結構よかったので星ひとつプラスで(´ω`人)
挿入歌だけじゃなくエンディングの歌もなかなかよかったですよ~
【2006/07/29/03:06】 映画 // Trackbacks(0) // Comments(0)
<< 王と鳥と // HOME // アイテムが!! >>
管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kairi104.blog5.fc2.com/tb.php/345-c99dfb7b
// HOME // 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。